モテる男が意識している女性との「距離感」とは?

更新日:

男女の絶妙な距離感

モテる男は、女性と打ち解けるがとても上手です。

それは、女性との距離感を常に意識しているからです。

そのため、出会ったばかりの女性でも、すぐに打ち解けて、男女の関係に発展するのも早いです。

でも、”距離感”と聞いても、いまいちピンとこない、とういう男性も多いのではないでしょうか?

恋愛における距離感という言葉は、すごく広い意味で使われますが、ここでは、あくまでも”パーソナルスペース”という意味で、距離感という言葉を使っています。

モテる男たちが意識している女性との距離感=パーソナルスペースについて、これから一緒に見ていきましょう。

パーソナルスペースとは?

パーソナルスペースとは、個人の縄張りのようなもので、誰にも立ち入ってもらいたくないスペースです。

パーソナルスペースは、密接距離(0~45㎝)、個体距離(45~120㎝)、社会距離(1.2~3.5m)、公的距離(3.5~7m)の4パターンに分類されています。

簡単に説明をすると、密接距離は、親密な関係にある相手だけが入ることを許されるスペースです。

公的距離は、面識のない他人が立ち入ることを許されるスペースになります。

つまり、相手との関係性によって、踏み込むことを許されるスペースは、広くなったり狭くなったりもします。

心を許している相手ほど狭くなり、そうでない相手ほど広くなるということですね。

モテる男は密接距離に積極的に立ち入る

モテる男は、相手の女性の親密距離(0~45㎝)に積極的に踏み込んでいきます。

本来、親密距離への立ち入りを許されるのは、親密な関係(一般的には恋人関係)にある人だけですね。

この心理をうまく利用し、あえて親密距離に立ち入ることで、相手の女性に「私たちって親密な関係なのかな?」と意識させることができます。

ただ、親密距離に立ち入るタイミングを間違えると、「馴れ馴れしい奴」と嫌がらてしまうこともあります。

例えば、相手の女性があなたにまったく興味をもっていない状態で親密距離に立ち入ってしまうと、逆に嫌われてしまうことの方が多いでしょう。

じゃあ、相手の女性が自分に興味を持っているかどうかは、どうやって判断すればいいの?という話になりますね。

一つの判断基準として、相手の女性をデート(二人きりで食事など)に誘ってみて、応じてもらえるなら、少なからずあなたに興味を持っていると考えてもよいのではないでしょうか。

密接距離に自然に立ち入るテクニック

モテる男は、何か正当な理由をつけて、相手の女性の密接距離(0~45㎝)にすんなりと入り込むことで、心の距離を縮めるというテクニックを使っています。

一番手っ取り早い方法は、お酒を飲んだり、食事をする時に、カウンターの席で横並びに座ってしまうことですね。

この方法なら、自然と相手の女性の密接距離に入ることができます。

ただ、多くの飲食店は、テーブル席もあるので、あえてカウンター席に座るのは、なんだか抵抗があるな~と思うのであれば、食事をした後でカウンター席しかないバーでお酒を飲んだり、週末の遅めの時間帯に居酒屋に行けば、テーブル席が空いてなくて、カウンター席に座ることを余儀なくされることも多いですよね。

その他にも、相手の女性の密接距離に自然と入る方法は、ちょっと考えてみれば、いくらでも思いつくはずです。

例えば、「ね、これ見てみて」とスマホを見せながら近づいたり、自分の持ち物を相手に貸してあげたり、デート中に横並びで歩いたり、映画館に行けば、席は隣同士になりますね。

意図的に、可能な限り多くの時間を相手の女性の密接距離で過ごすことで、「自分達は親密な関係なんだよ」ということを女性に意識さえることができます。

そうなれば、展開は早いでしょう。

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.