奥手な男がモテるためには奥手を武器にするのが一番!

更新日:

奥手な男

いわゆる奥手の男性は、恋愛経験が乏しいがゆえ、押しが弱く、女性と積極的にコミュニケーションを取るのが苦手です。

そんな奥手の男性が女性にモテるためには、あえて奥手であることを武器にしたほうが、女性からの高い評価を得られるとこも多いんです。

その秘訣について、詳しく説明をしましょう。

奥手の男性ならではの強みを活かす

奥手の男性は、女性の扱いに慣れておらず、女性とどう接していいのかよくわからないために、積極的にアプローチできない場合が多いです。

しかし、それは見方を変えれば、奥手の男性ならではの強みにもなります。

ですから、あえて奥手であることを全面的にアピールしてみるのも一案です。

女性の扱いが上手すぎると、女性に警戒心を抱かれやすくなります。

特に、結婚を視野に入れている女性の場合は、なおさらのこと「女慣れしていて、浮気されそう」と、恋愛対象から外されてしまうことも多いでしょう。

奥手であることを素直に伝える

素直に奥手であることを伝えることで、女性に「シャイで誠実な人」という好印象を与えることができれば、その後の女性との関係にスムーズな進展が望めます。

奥手であることを引き目に感じて、さも恋愛経験が豊富であるような素振りを見せても、すぐに女性に見破られてしまい、かえって逆効果になってしまうこともあります。

モテる男を演じる自信がないなら、最初から恋愛経験が乏しいことや、女性と接することに慣れていない旨を素直に伝えましょう。

正直な気持ちを伝える男性に、悪い印象を持つ女性はいません。

相手の女性も奥手の場合は、それで一気に距離が縮まりますよ。

相手の女性の話をよく聞く

奥手な男性は、総じて女性との会話が苦手な傾向にありますね。

ですが、女性との会話をリードする必要はまったくありません。

逆に、会話の主導権は女性に握ってもらい、後は女性の話に熱心に耳を傾けるだけでOKです。

その際、「オウム返し話法」を適度に取り混ぜると効果的です。

オウム返し話法とは、相手の言った通りのことをそのまま返す話法ですが、相手に気持ちよく話をしてもらえ、会話を進める効果があります。

例えば、女性が「私はヨガが趣味なの」と切り出した場合、「そう、ヨガが趣味なんだね」といった具合に、ただその通りに返すだけです。

以上となりますが、いかがだったでしょうか?

自分のキャラとか性格にあった戦略を考えるのも、恋愛市場で勝ち上がるための手段の一つです。

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.