女が超感じてしまう男が知らない隠れ性感帯とは?

投稿日:

性感帯を攻められて感じる女

「女の性感帯はどこ?」と聞かれば、大半の男性は、すぐにアソコや胸を思い浮べるのではないでしょうか?

実は、女の体には、全身の至るところに、いわゆる隠れ性感帯が存在します。

女の性感帯の場所がわかれば、セックスで女を満足させてあげることができますね。

これから、女を感じさせることができる知る人ぞ知る隠れ性感帯をいくつかご紹介しましょう。

耳には、性感に通じる神経が通っていて、女にとって最大の性感帯であるクリトリスにも勝るとも劣らないほど、強い快感を感じることができる場所なのです。

実際、耳元に息を吹きかけられただけで、メロメロっとなってしまう女は少なくありません。

耳の中でも、特に耳珠(耳の穴の前方にある突起)を舐めると、女に、クリトリスを舐められたのと同じくらいの快感を与えることができます。

舌で耳を愛撫しながら、耳元で甘い言葉を囁けば、あまりの快感に、女は激しく身もだえすることになるでしょう。

背中

背中も非常に敏感な部分です。

背中を優しくなでられるだけで、多くの女は、ゾクゾクッとする快感を覚え、たまらなくなります。

背中の中でも、特に腰に近い部分が狙い目です。

ここを下から上に向かって、舌や指で優しく愛撫してあげましょう。

おなか

おへそのまわり、わき腹、腰骨が特に敏感に反応する箇所になります。

まずは、舌でおへの中とその周辺を優しく刺激してみましょう。

軽く吸ってみるのもおすすめです。

快感のあまり女がピクピクッと反応したら、今度は、わき腹を手で優しく撫で回しましょう。

女が十分に感じたら、仕上げに腰骨から股間に向けて、舌や指でゆっくりと愛撫していけば、女は思わず声を上げずにはいられなくなるほどの快感を得ることになるでしょう。

ほとんど知られていませんが、膝は、隠れ性感帯として、ぜひ押さえておくべき箇所になります。

膝頭をくるくると優しくなでるように触ってあげたり、舌で舐めてあげることで、女は徐々に感じ始めます。

女が感じてきたら、愛撫の場所を膝裏に移行させましょう。

膝裏は、皮膚が薄くて刺激がダイレクトに伝わるため、女の快感をさらにエスカレートさせることができます。

太ももの内側

太ももの内側とは、神経や血管が密集している場所で、極めて感度が高い場所でもあります。

ここは、女のアソコに最も近い場所でもあり、「いつ来てくれるのだろう」という期待感により、さらに感度を高めることができます。

アソコからなるべく遠い場所から攻めて、女を焦らせるだけ焦らすことがポイントです。

たまらなくなって、女の方から「早く来て」と懇願されることになるくらい、女の身も心もトロトロにさせることができるでしょう。

指は、神経が集中しているため、極めて感度良好な部分です。

指をフェラする要領で舐めてあげるだけで、女は感じてしまいます。

アソコに挿入しながら、指を舐めてあげると、より女を感じさせることができます。

以上となりますが、いかがだったでしょうか?

セックスの前戯で、隠れ性感帯を攻めれば、より女を気持ちよくさせてあげることができます。

コツは、上から順番に攻めいくことです。

最初に耳、次に背中、お腹、膝の順番で攻めたら、アソコに一番近い太ももの内側を攻めて、最後にアソコを攻める流れなら、満遍なく女を感じさせることができます。

隠れ性感帯を徹底的に攻めて、女を天国にイカせてあげましょう。

-男のためのセックス講座

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.