クールな男ってモテるの?モテないような気もするけど

更新日:

クールな男

クール(Cool)という言葉には、カッコいいという意味合いがありますね。

そのため「モテるためにはクールであるべきだ」と考えている男性もいるのではないでしょうか。

しかし、クールは、一歩間違えると逆効果になってしまう危険性があります。

ここでは、クールな男はモテるのか?ということについて一緒に考えてみましょう。

一歩間違えるととっつきにくい人に

一般的に、どのような男性をクールと呼ぶかというと、口数が少なく冷静沈着、リアクションが薄い、あまり感情表現をしない人です。

そこに、顔がカッコいいとか、ファッション性やワイルドさなどの魅力が伴っていれば、女性の心を引きつけられる可能性があります。

しかし、単にリアクションが薄い、寡黙、感情表現が苦手という場合、ただの暗い人になってしまう可能性があります。

女性から見て「とっつきにくい人」、「おしゃべりしても楽しくない人」になってしまうのであれば、クールさは恋愛においてマイナスに働いてしまうでしょう。

どうやら、ただでさえモテない男性がクールなキャラを無理に演じても、さらにモテなくなくなる、という悪循環に陥ってしまいそうですね。

モテるにはクールよりも会話力

おしゃべりをしても楽しくない、という要素は、恋愛においてかなり大きな問題点となります。

女性は楽しくおしゃべりできる人に惹かれ、一緒にいたいと思うものだからです。

ですから、クールを目指すあまりリアクションが薄くなるのは致命的です。

例え、気になる女性と1対1で接するチャンスがあっても、男性のリアクションが薄ければ、女性は「私に興味がないんだな」と勘違いし、離れていってしまうでしょう。

やはり、モテない男性がクールなキャラを目指すのは、とてもおすすめできません。

クールな男性はこうして女性の心を掴もう

ここまでで、男性のクールさが、時に恋愛においてマイナス要素になり得る、ということについて考えてきました。

では、もともと寡黙でクールに見られがちな男性は、どうすれば女性の心を掴めるようになるのでしょうか?

それは、できるだけ感情を豊かに表現することです。

普段から寡黙でクールな男性が時折見せる感情表現の豊かさは、ギャップとなり、効果的に女性の心を掴める可能性を秘めています。

例えば、女性と一緒に食事をしている時に、満面の笑みで「美味しい」と言ってみたりするだけでも、女性からすれば「こんな一面もあるんだ!」とときめいてしまうことがよくあるんです。

元々クールなキャラの男性は、時折見せる豊かな感情表現とのギャップで武器にして、女性にアプローチするのがよいでしょう。

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.