モテる男たちはタメ口で女性を口説く理由とは?

更新日:

タメ口での会話

モテる男たちは、敬語ではなく、タメ口で女性を口説きます。

タメ口で話をした方が、親近感が湧き、女性との距離がぐっと縮まるからです。

つまり、タメ口のほうが女性を落としやすいということですね。

そうは言っても、普段から敬語で話している女性と、いきなりタメ口で話すのは、抵抗がありますよね?

ここでは、敬語で話をする関係からタメ口で話す関係になるまでの方法を3つご紹介しますで、自分に合う方法を試してみてください。

その1:タメ口で話すことを提案してみる

デートをする間柄になったなら、きっと相手ももっと距離を縮めたいと思っているはずです。

いきなりタメ口で話すのに勇気がいるなら、いっそのこと提案してみましょう。

「敬語だとお互いにぎこちなさがあるから、タメ口で話しませんか?」という感じです。

これは一番簡単で、手っ取り早い方法でしょう。

とはいっても、こう提案した後もしばらくはぎこちないのが普通です。

でも大丈夫です。

そこをこらえれば、すぐにタメ口の関係に慣れるでしょう。

その2:崩し敬語にしていく

相手の女性が職場の同期や後輩の場合、最初からガチガチの敬語を使うようなことはないかもしれません。

しかし、もしガチガチの敬語を使うような間柄からのスタートなら、まずは崩し敬語にチャレンジしてみましょう。

「お会いできてうれしいです」は「会えてホントうれしいっす」みたいな感じです。

その後は、自分の感覚で相手との距離が縮まったかも、と思ったタイミングでタメ口を使ってみましょう。

その3:独り言でタメ口をつぶやく

タメ口で独り言をつぶやき、相手に同意を求めるものよい方法です。

独り言の例としては、「今日天気いいな」、「この料理うまい」などです。

その直後にすかさず「そう思わない?」と相手の同意を求めてみましょう。

このようにして徐々に距離を縮め、タメ口を徐々に増やしていけば、自然にタメ口で話せる関係になれるでしょう。

女性の方が年下だったり、後輩だったりする場合、女性の方から敬語を崩していくのは難易度が高いので、男性側がリードしてあげるといいでしょう。

特に女性が年下の場合は、積極的にタメ口を使ってあげた方が喜ばれることのほうが多いです。

女性からしても、タメ口で話をした方が気を遣わなくて楽です。

TPOに合わせてタメ口と敬語を使い分けるのも大切

合コンやキャバクラ、クラブナンパなど、フランクな出会いの場で女性と話をするなら、最初からタメ口で話をしてもよいでしょう。

逆にこのような場で敬語を使ってしまうと、「真面目すぎる」とか「世間知らず」と思われてしまう可能性もあります。

しかし、職場の女性や知人から紹介された女性、出会いパーティ―、お見合いなどで知り合う女性の場合、最初からタメ口ですと、常識を疑われてしまうことがあるので、やはり敬語から入るのが無難でしょう。

ただ、女性との距離を縮めたければ、ある時点で敬語からタメ口に変えていく必要がありますね。

以上となりますが、いかがだったでしょうか?

女性とタメ口で話せるようになれば、確実に落としやすくなるのは間違いありません。

練習を重ねて、タメ口上手な男を目指しましょう!

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.