夢を語る男がモテる理由とは?どんな夢でもOK?

更新日:

夢を語る男

夢を語る男性は、女性にモテます。

でも、一言で夢といっても「プロ野球選手になりたい」とか「大企業に入社したい」とか、夢は人それぞれです。

どんな夢でもモテるのか?また、そもそもなんで夢がある男がモテるのか?

この二つのポイントについて、詳しく説明をしましょう。

どんな夢でもいいのか?

19歳、20歳くらいの若い男性であれば、「俳優になりたい」とか「ミュージシャンになりたい」といったと途方もない夢でも、女性は応援したくなるでしょう。

でも、20代後半の男性がこのような途方もない夢を語ったところで、女性には「もっと現実を見ろ」、「いつまでそんな夢を見てるんだよ」と思われてしまうのは、言うまでもありません。

つまり、年を重ねれば重ねるほど、より現実感のある夢を語らないと、「将来のことを全く考えていない無計画な男」と思われてしまうわけです。

例えば、20代後半の会社員の男性であれば、「35歳までには課長になって、部下のマネジメントを学びたい。その後は40歳まで独立したいと思ってるんだ。」みたいに、現実感のある夢を語ってこそ、女性から高い評価を得られるのです。

繰り返しになりますが、世間一般的に言われている途方もない夢(プロ野球選手、俳優、ミュージシャン、ボクシングの世界チャンピオンなど)になればなるほど、年を重ねる毎にモテない夢になってしまうということは、覚えておきましょう。

夢のある男は輝いて見える

夢がある男性がモテるのは、女性の目に、とても輝いて見えるからです。

実際、夢のある男性と夢のない男性とでは、輝き方が違ってくるものです。

それくらい「夢を持つこと」が人に与える影響力は大きいと考えましょう。

女性に限らず、誰だって、全力で物事に取り組んでいる人を見ると、自然と応援したくなるのではないでしょうか?

実際、夢があるのとないのとでは、物事に対する意気込みがまるで違ってきます。

これは、夢のおかげで常に高いモチベーションを維持できるためです。

夢があれば、その夢が活力源となってくれて、その分パワーアップでき、毎日を生き生きと前向きに頑張ることができます。

そんな輝きを放つ男たちに女性は惹かれてしまうのです。

夢がない人はどうすればいい?

自分には特に夢はない・・・という男性は、将来の目標について語ればいいんです。

例えば「大きな家を買いたい」とか「ヨーロッパのすべての国に旅行に行きたい」とか将来の目標について語るだけでも、女性にはウケます。

自分は特に将来の目標もない・・・という男性なら、「自分には特に夢はない。つまらない男かもしれないね。でも、仕事だけは全力で頑張って、家族の面倒だけは一生見ていきたいと思ってるんだ。」とビール片手に気になる女性の前で熱く言ってみてください。

きっと、魅力的な男に映ると思いますよ。

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.