女性をいじるのがうまい男がモテる理由とは?

更新日:

女をいじる男

とりたててカッコいいというわけでもなければ、収入が高いわけでもないのに、モテる男たちがいます。

彼らは、なぜモテるのか?

その理由は、その他のモテる要素を兼ね備えているからです。

モテる要素はたくさんありますが、その一つに「女性をいじるのがうまい」ことが挙げられます。

では、女性をいじるのがうまい男は、なぜモテるのでしょうか?

ここでは、女性をいじるのがうまい男がモテる理由やいじり方、いじる上での注意点などについて一緒に見ていきましょう。

女性をいじるのがうまい男はなぜモテる?

世の中のほとんどの女性は、Mです。

Mな女性というのは、基本的にいじられることを望んでいます。

Mな女性は、いじられることで「楽しい」と感じることができるんです。

そして、女性をいじることで「楽しい」という感覚を生み出すことができれば、お互いの距離を縮めることができるのです。

女性をいじることには、他にもプラスの効果があります。

女性は、男性からいじられると、まるで手のひらで転がされている気持ちになります。

そして、自分をうまくいじってくれる男性のことを格上と見なします。

女性は本能的に、自分よりも格上の男性のことを恋愛対象として見るため、いじり上手な男性は、そうでない男性よりもモテやすいと言えます。

「いじる」という言葉の定義について

人を「いじる」という言葉の意味は、非常に抽象的です。

人によっては、「からかう」や「馬鹿にする」という行為も「いじる」という言葉の意味に含まれるのではないでしょうか?

しかし、モテるために女性をいじったつもりが、相手を不快な気持ちにさせてしまった・・・なんてことになってしまったら、意味がありませんね。

女性にモテるために、いじり上手になりたいなら、人を「いじる」という言葉を「相手に楽しんでもらうためのつっこみ」と定義し、それに則って女性をいじる必要があります。

少なくとも「いじめる」、「馬鹿にする」、「からかう」などの相手の尊厳を傷つける意味は、含まれるべきではありませんね。

コレをいじりのネタにしてはいけない!

女性をいじる時には、以下のネタは使わない方がよいでしょう。

悪気はなくても、一歩間違うと、逆に嫌われてしまう可能性が高いです。

下ネタ

下ネタを面白いと思う女性は、あまりいません。

表向きは笑っていても、内心嫌がっている女性は、実はかなり多いんです。

また、下ネタを連発する男性は、下品にも見えてしまうので、使わないに越したことはありません。

病気ネタ

持病を持っていたり、過去に病気で辛い思いをしたことのある女性はかなり多いですし、「病気」という言葉を聞いただけで、気持ちが沈んでしまう人も多いんです。

病気ネタは避けるのが無難です。

知り合ったばかりでいじるのはダメ!

女性は、関係の深い男性からいじられると嬉しく感じますが、知り合ったばかりの男性からいじられると「なんなのこいつ?」と思い、嫌悪感を持ってしまうこともあります。

そのため、女性をいじるなら、ある程度は何でも話せる関係になってからの方がベターです。

また、誰だって気分によって笑いたくない時もあります。

そんな時に、しつこくいじられると「「うざい」と思われてしまいます。

ウケないときにはそっとしておきましょう。

女性の上手ないじり方とは?

女性を不快な気分にさせないようにいじるなら、ファッションネタがおすすめです。

例えば、女性が大きくスリットの入った服を着ているのであれば「そこ切れてるよ」。

全身を緑で揃えてきたなら「今日の気分はホウレン草?」というのもいいでしょう。

このように、女性のファッションや持ち物などをネタにすると「見てくれてる」と感じ、距離を縮める効果も期待できるのです。

いじる時は、けなしている印象を与えないよう、ユーモアを交えましょう。

-モテる男の特徴

Copyright© プロが教える男の恋愛学 , 2018 All Rights Reserved.